プラウ実施

このところ雨が多く、地面がなかなか乾かなかったためできなかったプラウ(土の反転)を、ようやく実施することができた。

ご協力いただいた農家さんには、本業の農作業が忙しい中、合間の時間を見つけてやっていただき、この場を借りて感謝申し上げます。

このプラウという作業、初めて見たがなかなか豪快で感動もの!

地表から15cmほどの深さに3本のでっかい爪を差し込んで、そのまま引っ張ると地表がめくれていくというもの。農作物用の畑の場合なら30cmくらいの深さで行うとのこと。

地表に近い位置にある石ならば、30cmくらいの大きさでも掘り出してしまうパワーがある。

やっていただいた農家さんによれば、今回は浅めだったので、思ったより石は出てこなかったということだが、それでも掘り出せなかった大きな石が3個。その場所に目印の棒を立ててきたので、後日スコップで掘ってみる。でもこれがまさに氷山の一角で、実は何mもある石だったらどうしましょう(-_-;)